review
 高松最上稲荷 稲荷山ろまん-最上稲荷歴史浪漫劇場
 『水の城〜忍風高松城戦記
   "THE CASTLE ON THE WATER"
 第1部 演劇「水の城〜忍風高松城戦記」
 第2部 演奏「beZen鼓空with赤田晃一LIVE」
             
最後は総立ち!公演大成功


主催:稲荷山観光協議会 086-287-2685
2001.9.1(sat)19:00〜21:00
岡山市高松稲荷712 最上稲荷
座席料金(観やすい座席・パンフレット・うちわ・柚子煎餅付)
前売1500円(8月より、プレイガイド・稲荷山観光協議会・出演団体で発売)
当日1800円
★立ち見席無料
第1部
【作・演出】 白神貴士 
【振付】 玉取娘々
【殺陣】 大安萬備G
【音楽】 赤田晃一・beZen鼓空
【照明】 澁澤竜胆・時伊織・芭蕉院弥勒
【舞台美術】 葛原昇
【衣裳】 工房多摩羅・胆馬羅舞隊
【音響】 外舘岩太郎・BOOGIE STUDIO
【グラフィック】 うずらスタジアム
【記録】 人見直樹
【出演】

清水宗治・・・・・・住吉力(秘宝館昇天堂一座)
羽柴秀吉・・・・・・玉取娘々(秘宝館昇天堂一座)
転小四郎・・・・・・有賀とういちろう(胆馬羅舞隊)
国府市正・・・・・・大安萬備G(胆馬羅舞隊)
中島元行・・・・・・琴蕗百合音(秘宝館昇天堂一座)
安国寺恵瓊・・・・藤下乙真女(秘宝館昇天堂一座)
堀尾茂助・・・・・・五福鶴丸(秘宝館昇天堂一座)
くの一楓・・・・・・・花祭司(胆馬羅舞隊)
宗仁の密使・・・・草間飛翔丸(胆馬羅舞隊)
秀吉忍群・・・・・・朝松煌・三毛嵐造・韋駄天十八番(胆馬羅舞隊)
城中の女・・・・・・恵比寿戸来魅・志樹縁(胆馬羅舞隊)

妙見菩薩・・・・・・葛波羅踏馬(秘宝館昇天堂一座)
飛天・・・・・・・・・・外舘岩太郎(フリー)・永乃真綾(秘宝館昇天堂一座)

毛利輝元・・・・・・芭蕉院弥勒(phantom six)

宗治の妻・・・・・・水月ナオミ(CARATプロジェクトカンパニー)


第2部
【演奏】
beZen鼓空(和太鼓パーカッション・グループ)
赤田晃一(SAXプレイヤー)
【舞踊】
秘宝館昇天堂一座
胆馬羅舞隊










天候にも恵まれ約600人(超満員)のお客様に笑顔で帰っていただくことが
出来ました。
来ていただいたお客様、参加・関係の皆様、本当にありがとうございました!


(高松城水攻めの顛末〜水の城あらすじ)

 時は戦国乱世。戦国大名たちが武力と謀略を競い合い、昨日の友が今日の敵となる時代。

 天下を手中にした一代の英雄“織田信長"は、本願寺の一向宗と結び、京から逃げ出した室町幕府の
将軍“足利義昭”を擁して織田に刃向かう中国地方の雄“毛利家”を攻めるために、“羽柴(後の豊臣)
秀吉”を総大将とする大軍を差し向けた。
備前の宇喜多勢と併せて3万の軍勢は、備中に防衛線を引く毛利方の城を次々と攻め落として、ついに
拠点となる備中高松城に迫った。激しい攻防が繰り返されたが、高松城に籠もる“清水宗治”ら備中勢
は士気高く、城内に祀った“北辰妙見大菩薩”に必勝を誓って、織田勢を近づけなかった。

 ここに至って秀吉の軍師“黒田官兵衛”が『水攻め』の奇策を秀吉に提案、これを受けて秀吉は堤を
築き、足守川の水を堰き止めて高松城周辺の湿地帯を巨大な湖に変えるという作戦を決行した。
 5月13日築堤が完成。折からの豪雨で瞬く間に水量が増し、高松城は交通を断たれ一面の湖に浮かぶ
浮城と化してしまった…『水の城』の物語は、ここから始まる。

 高松城を望む堤に、忍者の戦う姿があった。仲間を倒されながらも、毛利方忍者の転小四郎は高松城
に泳ぎ着き、総大将毛利輝元から、城主の清水宗治に宛てた二通の密書を届ける。一通は城内の兵に向
けた励ましの手紙、一通は密かに秀吉への降服を勧め、油断させて裏切る謀略の指令であった。宗治と
娘婿の中島元行はこれを拒否して、最後の一人までも戦うとの返書を託す。

 しかし戦わぬまま城内の食料が尽きるのを待つ秀吉の戦術に、日に日に消耗してゆく兵達を見て、宗
治は妻に苦悩を漏らすのだった。

 ある夜、織田信長が直々に出陣との知らせを届けに来た小四郎が、秀吉の陣屋に、戦火で灰になった
稲荷山の神宮寺の御本尊“最上位経王大菩薩”の尊像が安置してあったと報告し、秀吉の器の大きさを
知った宗治は自らの命にかえて城兵5000名の命を救うことを決心する。

 交渉が実り、切腹の決まった名残の宴が開かれている城中に手傷を負った小四郎が現れる。本能寺で
織田信長が明智光秀に暗殺されたとの情報を、秀吉の陣屋で掴んできたのだ。理由をつけて切腹を日延
べすれば、秀吉は仕方なく撤退するしかないと説く小四郎。腕組みをする宗治。

 切腹の日の朝、霧の湖面を眺めながら苛立つ秀吉。果たして宗治は現れるのか?…そのとき、国府市
正の操る一艘の小舟が湖面を近づいて来るのが見えた…

日本三大稲荷として有名な岡山市高松の最上稲荷の本殿前特設能舞台で
beZen鼓空+秘宝館昇天堂一座+胆馬羅舞隊+赤田光一の合同公演が
行われました。
最上稲荷にまつわる歴史ロマンを掘り起して、どなたにでも楽しんでいただける
エンターテイメントとして提供しようというもので、この作品では歴史に名高い
「秀吉の高松城水攻め」を取り上げ、その秘話をドラマティックに描いています。
ドラマだけでなく、2部構成で
鼓空のダイナミックな和太鼓&パーカッションが響き赤田が吹き
秘宝が踊り胆馬羅が宙を舞う・・・素敵な一夜を稲荷山の自然に抱かれて
お楽しみいただけましたでしょうか?



BACK