×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特報!座長 珠酉娘娘 大阪 TORII HALL 出演!

カーテンコールを受ける座長


2000年4月25日(火)午後6時/8時(開場は30分前) 2回公演
DANCE CIRCUS 12
出演・演目 珠酉娘娘「女ヶ辻」・根来裕子「Umbra Vitae」・川井美奈「例えば こんな ima・alも」
        Yang Jah「極・東・春・殻」・くすばえ みほ「楽天地」

大阪市中央区千日前1-7-11 Kamigataビル4F TORII HALL 



謡V


謡V



もののけ姫


もののけ姫



南海奇皇


南海奇皇


「女が辻」と題された、DANCE CIRCUS#12での娘娘の3曲の舞踊は
最近の娘娘の舞踊では白眉であったかも知れない。
広い場所・床の状態、照明・音響・・・思えば今まで悪条件の中で踊りつづけてきたのだ。
背面をつけての「謡V」、彼女に取って能の翁にも当たる出し物は
新しい要素を加えて、まず磁場を作り上げる。桜の枝は物狂いのイメージでもあるが
ここでは自然神の巫女・ヨリマシの様に見える。
「もののけ姫」はポピュラーな曲となったためTORII HALLの観客には奇異な選曲と
感じられた部分もあったようだが、秘宝館昇天堂一座の大衆路線を考えれば
不思議ではない。弓を使っての振り(これは琴蕗百合音の創踊に依る)を
きびきびとこなして美しく切ない。
最後に「南海奇皇」を踊る。秘宝館では渦巻模様の傘を使った群舞に使われている。
これは素踊りで踊る。衣装の布の流れが美しい。

こうして座長のソロ大阪進出は終わった。一般客には好評だったようだ。
この踊りは、まだ分類出来ない。確かにまだ未完成でもあるが美しいものには
なりつつある。一層の精進に期待したい。


BACK